忍者ブログ
2018.11.16 Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011.06.12 Sun

7日後に面接で内定をとる 脱・面接音痴プログラム




面接官 「志望動機は?」
学生 「御社の社風に惹かれまして」

面接官 「分かったようなことを言いますね」
学生 「志望動機なんかねーよ!自分が入るときあったのかよ!」

面接官 「確かに俺も何となく入ったんだっけ」

学生 「すっきりした~」
面接官 「俺もすっきりしたー」

あるCMのワンシーンです。

わたしも 「志望動機何て、第1志望以外ないよ!」という気持ちでした。

自己PRって俺普通だし…
学生時代はバイトくらいしかしてないし…
志望動機何てあるわけねーよ…
エントリーシートがムズすぎる…
という状況でした。

確かにこれらは、大切なものです。しかし、わたしは内定をとるために欠かせないあるものを見落としていたのです。


ESでの自己PRや志望動機の内容よりも25.3倍も重要で、面接で内定を取る為には外せない秘密です。

その秘密が記された最新の資料がここにあります。

「人事担当者として人を見るときに、最も注意する点」

人事担当者500人を対象に実施した新卒採用に関する調査で、面接で重視する質問について聞いた所、トップは、「話し方」(38.2%)、 次いで「表情」(23.2%)、「立ち居振る舞い」(18.2%)、「身なり」(16.6%)という結果となった。対面しただけでは分からない点を、より 重視しているようです。
(楽天リサーチ、皆の就職株式会社調べ)

人事担当者が面接の際に、まず重視するのは、「話し方」

この資料によると、話している内容は、3.8%程度しか見ていないことになります。

面接をする人事の人は、話している内容を殆ど重視していなかったのです。


では、話し方って何でしょう?

まるで、オバマ大統領のように人前で堂々と人々を魅了しながら話すことでしょうか?
論理的に話すことでしょうか?
難しい言葉を使って専門的に話すことでしょうか?
身振り手振りを使って話すことでしょうか?

こういったことも話し方に入ってはいますが、そこまで重要では御座いません。
まだ一番割合が大きくて、一番大切な部分では御座いません。

話し方で一番大切なこと、

それは、「声」です。


相手、面接官の耳に届き、はっきりと聞き取れる声

優しさの中にも貴方の決意、やる気、熱意が感じられる声

自信がある声

表情のある声

この声が話し方の大部分であり、この声、話し方を手に入れる=話し方・表情・立ち居振る舞いが手に入るという、面接で内定をとるために必須なものだったのです。


極端な話をしてしまえば、どんなにESが大した内容で無くても、堂々と自分の声で話せていれば内定を取れる可能性が高いのです。

貴方が一生懸命自己PR、志望動機を考え、間違わないように丁寧にESを書いているにもかかわらず、内定が貰えない原因は、声にあったのです。

ただ、声と言っても、「大声を出せば良い」という話では御座いません。

貴方の人生を決める面接という場で、体は緊張しています。そんな状態で大声を出すと、本人にはわかりませんが、相手には怒鳴っているようにしか聞こえず、マイナスです。

わたしがこれからお話しする話し方を良くする方法は、現時点で貴方の声が「小さい」とか「大きい」とかは、一切関係御座いません。

もともと声が小さい人も声が大きい人も同じように内定をとれる話し方を修得する事はできます。

幼稚園・小学生でも合格できる!英検5級合格ノウハウ 成績下位の子供も、勉強嫌いの子供も、たった1ヶ月で自分から勉強するようになる!少しの努力で子供は驚くほど変わる! 小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】 上位版!「小学校受験の秘密兵器」カリスマ講師が教える、小学校受験の合格ノウハウと実践教材! 【盆栽】藤田茂男の流儀 ~盆栽上達法~ 『宅建勉強法の決定版!【山口式宅建試験合格勉強法~ 独学だから宅建講座はもういらない~】たった75日で宅建試験に 独学で一発合格するための宅建勉強法・2011年度最新版』 キッズベースボールドリームナビ~現役少年野球監督だけが知るバッティング術~


では、ここで貴方の声がどんな声なのか実験してみようと思います。
簡単です。

1.マウスを持っている右手を離し、携帯電話を持って下さい。
「あ、メール来てる」と思っても、実験を優先して下さい。

2.携帯の機能の中の「音声・伝言メモ」といった録音機能を探して下さい。
大抵その機能か、その周辺に録音する機能があります。

3.その機能を使って、20秒面接の練習で自己PRしてみて下さい。

4.その音声を聞いて下さい。

聞きましたか?

それが貴方の声です。
思ったよりも小さかったり、スネ夫のようなトガッた声だったり、低い声だったり、こもった声だったり、感情のない声だったりしたと思います。

その声をよくすれば、貴方がいろんな先輩や友人に聞いたり、見てもらったりして書いたESが更に輝くでしょう。


その貴方に唯一足りなかった話し方さえ手に入れれば、
希望していた企業に内定をもらえて、晴れて社会人としてのスタートを4月から走り出せることに貴方は喜びをかみしめることが出来るし、

入りたかった企業の内定を勝ち取ったことに、貴方のお父さん、お母さんは泣きながら、「良かったね。ほんとに良かった。安心したわ」と言ってくれ、おばあちゃんやおじいちゃんも「何か就職祝い買ってあげなきゃね」と電話口で微笑みながら貴方の喜びの報告を聞いてくれるでしょう。

そして、安心して残りの大学4年生の生活を満喫できます。
12月まではバイトを一生懸命してお金を貯めて、1月2月と海外へ卒業旅行。最後の学生生活の思い出を友達と作ります。

ハワイ、グアム、ヨーロッパ、東南アジア、アメリカ、韓国、中国どこでも行けます。就職活動を一生懸命やり、大学生活を終える自分自身へのご褒美です。


貴方は、4月から新社会人として、自分が行きたかった会社で、優しい上司、これからの研修で出会う何でも相談出来る同期や、やりがいのある仕事をする事を考えるとワクワクして、

そして、大学の校内で、内定がまだ取れずにリクルートスーツを着て、就活をしている友人を見る度に、「内定とれて良かったー」と心の底から安心と喜びを味わうでしょう。

社会人として働いてからは、入社前に貴方が描いていたとおりの仕事に毎日うきうきした気持ちで出社し、同期からは頼りにされ、上司からは信頼され、効率的に仕事をし、結果も残し、会社とは別に自分の時間では、資格をとったりする事もできます。

そして、プライベートでは、大学時代の友人と飲んだり、遊んだりする度に、会社の愚痴しか言わない友達に対し、自分の今の仕事のやりがい、楽しさ、成長についてその友人に、貴方はキラキラと目を輝かせながら熱く話しているでしょう。

それを見て、友人は「いいな~。わたしもそんな仕事したかった」と貴方のことを心からうらやましがることでしょう。

 

しかし、今のまま、目の前にある内定をとるための秘密を無視すれば…

さっきの資料でもわかるように、企業の殆どがES等に基づく発言の内容よりも面接での生の貴方の話し方、「声」「表情」をチェックしています。

と言う事は、面接で落ちる=話し方が悪かったと言う事になります。

ESの内容であれば、自分自身を誇大表示をし、ねつ造し、嘘を書いてその場だけ演じれば何とかなるかもしれません。しかし、話し方、声は別モノです。貴方が、20数年間かけて付き合ってきたものです。

ですから、面接の時だけ、話し方を意識して変えるというのは無理です。必ず癖がでますし、簡単に変えられるものでは御座いません。

特に最近は、不景気による採用人数が減ってきていて、採用基準が高くなっています。今まではその場限りの嘘や演技や勢いでどうにかなっていたものも、それが通じなくなっているのも事実です。


更に、景気悪化は貴方の将来にも影響し始めています。
転職も厳しさが増しているのです。

「とりあえず、この会社に就職して、30くらいになったら転職しよう」
が通じ無くなる可能性が高いのです。

貴方が、本当に入りたい企業に新卒で入らないと、毎日同じ満員電車に乗り、理不尽なバカ上司の下でこき使われ、無能な同期の尻ぬぐいをさせられ、お客さんには、ひたすら頭を下げ、媚びへつらい、朝から晩まで働きつづける毎日。

休日は、疲れ切って寝るだけ。自分の時間何てないし、気力が無くてやりたいことも見つからない。出会いもないし、出会いを作る時間もない。

一生懸命働いても会社は自分を認めてくれないし、出世もしない。給料も上がらない。ボーナスも少ない。

 

PR
Admin / Write
忍者ブログ [PR]